めんどうくさがりのずぼら主婦が育児に目覚めた! 手はかかっても愛情込めて育てたい。 ずぼらはずぼらなりに日々頑張っています^^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



救急車を呼びました。
といっても我家に何かあったわけではありません

ただ、このブログを呼んでくださっている
誰かが、もしこんな場面に出くわした時
落ち着いて行動できるように書いてみました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・先日、いつものように特売日に
一週間分の食料を買出しに行った私。

この日も山のような食料品と(何とか)ミュウをカートに乗せて
スーパー内にあるパン屋さんで
パンを眺めていると、背後から

『○○ちゃん!どうしたん!?どうしたん!?』と言う、
尋常ならない叫び声が。。

フト振り返ると、うなだれた女の子を抱えたお母さんが。。
   (女の子がカートから落ちたようです。)

瞬時にお母さんと目があった私。

お母さんは、私に向かって『救急車!』と叫びました。

私は急いでカバンから携帯を出して
119番するも、建物の中だからかつながらず
急いでパン屋に戻り、定員さんに
『救急車を呼んでください!119番!』
と、叫んでいました。

もう、頭はパニックです! ですが

私は2ヶ月前と妊娠発覚直後に『救命救急』の講習を受けていました。

気を失ったり心拍停止の場合は
1分1秒を争うことを頭に書き留めてありました。

なので
女の子がどうなったか?
より、
救急車を呼ぶかどうか?
が知りたかったようです。

私が振り返ったとき、お母さんの周りにはすでに人だかりがありました。
でも、この時のお母さんの判断が素晴らしかった。

近くにいる人だかりの人ではなく、目が合った遠くの私に救急車の指示をしてきました。

この時、人だかりの人はほぼ子供がどうなったかが気になり
子供ばかり見ていたように思います。

講習会で学んだのですが
救急車を頼む時は
沢山の人に頼むより、
目を見て 『そこの、めがねの方!』 のように、
1人の人だけに頼むのが的確らしいです。

なので、この人たちに救急車を頼んでも
子供の状態が心配で
皆 『誰かするだろう!』と思ってしますのです。

    人間とはそういうものらしいです。

救急車って 呼ぶのなんだかちゅうちょしてしまいませんか?
でも、悩まずに119番。

私は、こけて歩けなくなった母を病院に連れて行かれず
救急車を呼んで、運んでもらったこともありました。

電話をしたとき
『こんな事でもいいのですか?』 と聞いたところ
『全然かまわないですよ。』 との返事をもらいました。

もちろん、悪戯ではないので自信を持って1秒でも早く呼びましょう
それが、命にかかわる場合もあるのだから。。

そして私も、救急車を呼ぶ前に
呼吸しているか、脈はあるか?
など、確認したり
足の裏など刺激を与えて、記憶を戻したりしなくてはいけなかったのですが
ほぼパニックのまま、救急車を迎え(待ち)に行ってしまいました。

余談ですが
救急車を呼ぶときは出来るだけ固定電話で呼ぶといいようです。

講習会の時に地元の消防本部の司令塔に入らせていただきましたが
固定電話から連絡が合った場合、
同時に目の前にある大きなパネルに
連絡場所の所在地が点灯するようになっていました。

なので、携帯電話よりも少し歩いても
固定電話のほうが場所の確定が的確なのです。


いつ何時、救急な事が起こるか分から無い日々の中。
そんな場面に出くわした時 機敏に対応したいですね。

もしかしたらわが子を助けられる場面に出くわすかもしれない
もちろん無いことを願いますが。。

救命救急の講習会はもちろん無料ですし。
受けていない人は受けておくといいですよ。

出来れば3年ごとに受けると良いようです。

私はたまたま数えたら3年だったので
又3年後受けたいなと思っています。

確かに内容も変わっていたようです。
    ←指摘されるまで分かりませんでした。。

そして、この日の女の子。。。
これっきりなのでどうなったのか気がかりです。。
何事も無く元気で春休みを送っていることを願います。

スポンサーサイト

【2007/03/29 00:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。